知的障がいを持つ方々の生活支援を重点に、放課後デイサービス、生活介護、就労支援、ショートステイ、ケアホーム・グループホームのサービスを行っております。

qrcode.png
http://www.mohs.co.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

エム・オーヒューマンサービス

株式会社
愛知県名古屋市千種区茶屋坂通

2丁目14番
TEL.052-385-0515(代表)
FAX.052-712-1665
──────────────
──
1.訪問看護、居宅介護支援事業所

2.認知症対応型通所介護事業

3.放課後等デイサービス
4.障害者生活介護事業

5.知的障害者グループホーム、

 ショートステイ(短期入所)事業
6.障害者就労支援事業

────────────────

 

 
 

ブログ

   
令和2年3月3日~第6回い~まART CLUB作品展開催

第6回い~まART CLUB作品展を開催いたします。

皆さまのお越しをお待ちしております。

 

2020年3月3日(火)~3月8日(日)10時~18時

※最終日17時迄

 

愛知芸術文化センター12階

アートスペースG室

 

作品展示数 105点

弊社が運営する知多期障がい者放課後等デイサービス、生活介護、就労・自立訓練センター(計14事業所)の利用者による絵画・陶芸作品。一年間にわたってプロの画家、陶芸家に指導をしていただいた400点にのぼる作品の中から選定展示。

 

協賛:愛知長久手ロータリークラブ

 

 

   
ブログ更新:C.O.Collge

 

こんにちは。C.O.College梶田です。

118日(土)に「成人を祝う会」を実施しました。

 

流れとしては、はじめに「成人するとできる権利と義務」の学習を行い、それを踏まえて今まで育ててくださった両親への感謝の気持ちや大人になってやりたいこと、目指すべき大人の姿を「成人の誓い」という形で自分たちで書きました。

この学習の様子は、公開授業というスタイルで、保護者の方にもご覧頂きました。

保護者の方に改めて授業の進め方やねらい等をご理解頂き、良い機会になりました。

 

「成人の誓い」作成後、新成人は生徒、職員、保護者の方の前で成人の誓いを発表しました。また、他の生徒は「人をお祝いする」ことを学習する為、新成人に向けて祝辞を作成し、発表しました。それぞれ、緊張しながらも自分の思いを自分の言葉でしっかりと伝えることができており、良かったです。

新成人はここで立てた誓いを胸に、これから大人として自分らしく充実した日々が送られるよう心から願っています。

   
ブログ更新:C.O.Collge

 こんにちは。C.O.Collegeの佐藤です。

少し前の1月9日に東区社会福祉協議会が主催する「ひまわりサロン」の中の企画として、東区障害者自立支援連絡協議会の就労部会が集まって実施した「働きたい障がい者をサポート~地域にある様々な就労支援事業所~」の企画に参加させていただきました。

 

東区にある就労支援に携わる事業所さんたちと合同でそれぞれの施設の取り組みや製品などを当事者の方・地域の方へ知ってもらおうという趣旨です。

 

当日は当事者の方・保護者の方・福祉サービス事業所(紹介者以外)の方など様々な人たちが情報交換をされていました。私たちもその中に混じって、自身の事業所の紹介・他事業所さんの具体的な活動を見たり・聞いたりする機会となりました。

 

改めて「地域を知る」ということは大変大事だと感じましたし、自分たちの活動に活かせる情報もたくさんあり、とても有意義な時間でした。今後も地域との関わり・他事業所さんとの連携を深めていきたいと思いました。

 

なお、就労部会としてひまわりサロンの企画に参加させて頂くのは今回で2回目で、今後も年1回参加させて頂く予定となっています。次年度以降も同時期に開催予定ですので、よろしければご参加ください。

   
ブログ更新:い~まFit引山
 みなさんこんにちは!い~まFit引山の恩田です。
 
 新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。
 
 今回ですが、利用者さんと喫茶店に行った時の事を記事にしたいと思います。
営業所内で簡易的な喫茶タイムを設けているとは言え、お店に行ってみるのも楽しいかもしれない・・・。また、あまり喫茶店に行ったことのない利用者の方も見えるので、良い経験になるかと思い少人数制でお出かけしました。
 社会資源として受けられるサービス以外にも、喫茶店の様なお店に出掛けるのも社会参加になりますね。営業所内での過ごし方、地域の方々が過ごす喫茶店での過ごし方、やはり利用者の皆さんはどこか普段と違う姿を見せて下さいました。とても好評でしたので、また小規模のお出かけも実施していきたいと思います。
 
 時期は大分ずれて(笑)しまいましたが、利用者の皆さんで作った芸術作品の合作を一つ紹介いたします。作品というとどうしても見栄えを気にしてスタッフが手を出しがちですが、あまりスタッフは手を加えずそのまま掲示してみると、とても素敵な作品になりました。
   
ブログ更新:い~まCrea大治
 みなさんこんにちは! い~まCrea大治ブログ担当の佐藤です♪
本年もよろしくお願いいたします!
 
 10月更新のブログで予告した通り、今回は12月に開催した音楽発表会の様子と
完成間近の新Crea大治Ⅰの建物について書きます♪
 
 昨年12月21日(土) に 『 第4回 い~まCrea大治 音楽発表会 』 が行われました。
この日の為に本番2ヶ月前からハンドベルや歌と踊りの練習をしてきました。
 
 本番当日は、33名のご家族にお越しいただきました。
ご来場ありがとうございました(*- -)(*_ _)
 
 子どもたちは、緊張しながらも練習の成果を発揮することができ、
無事に発表会を終えることができました(*´▽`*)
 
 次に、新Crea大治Ⅰの建物についてです!
 
現在は内装工事を進めていて、2月頃完成予定です!
みんなで完成を楽しみにしています(^^)
 
 今シーズンは、インフルエンザ警報が例年より早く発令しています!
手洗い・加湿などの対策を行い、体調には十分にお気をつけください。
 
フォーム
 
2012-01-23

入所者さんが中庭に集められ、看護職員がレクレーションを行っていました。病院で看護師さんたちの仕事を見ていると、患者さんのためにやっているという感じがなく、言われた医療行為をこなすことが仕事で、それ以上でもそれ以下でもないという感じを受けることが多いのです。病院という施設ではありますが、自分の配属先はリハビリ病院です。リハビリのスタッフですら、歩けたらいいという感覚で、患者さんの楽しみを考えて…という場面に出くわしたことがありません。まだまだ私に見えてないだけかもしれませが。自分の配属先ではベッドに横になっている人がほとんどですが、この施設ではほとんどベッドにいる人がいませんでした。食事も食堂に集められて、ベッドから離れて食べています。病院では座れる人も寝かされて、家族が口まで運んで食べさせている光景が多く見られます。

その中庭では看護師さんが足浴なんかもやっていて、一緒に見学に行った看護師の協力隊員は「看護師が足浴!!」と驚いていました。繰り返しになりますが、介護は看護師のお仕事ではなくあまり患者さんには触らないんですよね。かなり露骨に汚いものを触るように対応する看護師さんも多いです

職員の話はこれくらいにして、日本やドイツの施設をモデルに作られた施設について…まず、閉じられた部屋になっている。そして、ベッド間の距離が広くて目隠しがある。さらにICUもありました。

 
2012-01-23

なんと、刻みやペーストが。さらには、刻みも大刻みや小刻みが。細かくすることだけならともかく、ここの状態に合わせているということは、ここの嚥下状態も把握しているということでは?これは衝撃でした。さらにペーストにされても種類によって美しくわけられている。普段、自分が食べている昼食が、ご飯の上におかずの野菜や肉、魚などが乗せられそれらの料理の汁がかけられたものなので、刻みまでが綺麗に別盛りになっているというだけで感心してしまいました。この衝撃はなかなか伝わらないかもしれませんね…すみません。さらには、看護職員が食事介助をしている…これもまた衝撃。食事介助をしている看護師さんを見たことがなかったので。もうちょっとああした方が…というところも見られますが、優しい声で優しく接しているだけでいいかと思えてしまいました。

 
2012-01-23

身の回りの世話は家族の仕事です。病院では病院食があるところは少なく、家族が食事を準備しています。病院内に食堂のようなものがあり、そこで患者、見舞客、職員が入り混じって食事をしています。持ち帰りが可能なので、患者さんの家族が好きなものを好きなだけ買って帰ります。施設で出す食事ってどんなものだろう…と興味津々だったところちょうど夕食時。

 
2012-01-23

この施設の介護を担当している職員はみんな看護資格を持っているとのこと。病院で看護師の仕事は医師からの指示による配薬、点滴など属に看護婦さんがするものと連想されるもののみ。食事、排泄、(入浴)など身の回りの世話はすべて家族の仕事です。完全看護などという言葉が出る前は、日本もさほど変わらなかったのかとも思いますが。

まず、職員について…携帯電話を持っていない!そして、入所者に合わせた形態の食事が提供され、食事介助をしている。さらに看護師がレクレーションをしている。

ベトナムではいつでもどこでも携帯電話を持っているのが当たり前。患者さんも同様です。実習中、研修中、講義中、会議中…いつ何度でも対応します。患者さんの治療をしながら、患者さんも治療を受けながら。当初は抵抗がありましたが、慣れてしまっていました。センター見学時、携帯電話の気配を感じない不思議さを感じました。勤務時間開始前に職員の携帯電話は回収されるそうです。

 
ベトナムレポート
2012-01-23

高齢者ケアセンター見学レポート

ベトナムに日本の高齢者ケアセンターに近い施設がありました!

これは驚きです!!日本の福祉事業に携わっている人が見たらまだまだ…と指摘した点はたくさん見られると思いますが、1年弱リハビリ病院を観察してきた私の眼には、新鮮に映りました。

私が病院で見てきたのは「介護は家族がするもの」。他人、それも看護師による介護…どんなものなのか興味津々で見学へ。

 

<<エム・オーヒューマンサービス株式会社>> 〒464-0093 愛知県名古屋市千種区茶屋坂通2丁目14番 TEL:052-385-0515 FAX:052-712-1665