知的障がいを持つ方々の生活支援を重点に、放課後デイサービス、生活介護、就労支援、ショートステイ、ケアホーム・グループホームのサービスを行っております。

qrcode.png
http://www.mohs.co.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

エム・オーヒューマンサービス

株式会社
愛知県名古屋市千種区茶屋坂通

2丁目14番
TEL.052-385-0515(代表)
FAX.052-712-1665
──────────────
──
1.訪問看護、居宅介護支援事業所

2.認知症対応型通所介護事業

3.放課後等デイサービス
4.障害者生活介護事業

5.知的障害者グループホーム、

 ショートステイ(短期入所)事業
6.障害者就労支援事業

────────────────

 

 
 

ブログ

 
フォーム
 
2012-01-23

この施設の介護を担当している職員はみんな看護資格を持っているとのこと。病院で看護師の仕事は医師からの指示による配薬、点滴など属に看護婦さんがするものと連想されるもののみ。食事、排泄、(入浴)など身の回りの世話はすべて家族の仕事です。完全看護などという言葉が出る前は、日本もさほど変わらなかったのかとも思いますが。

まず、職員について…携帯電話を持っていない!そして、入所者に合わせた形態の食事が提供され、食事介助をしている。さらに看護師がレクレーションをしている。

ベトナムではいつでもどこでも携帯電話を持っているのが当たり前。患者さんも同様です。実習中、研修中、講義中、会議中…いつ何度でも対応します。患者さんの治療をしながら、患者さんも治療を受けながら。当初は抵抗がありましたが、慣れてしまっていました。センター見学時、携帯電話の気配を感じない不思議さを感じました。勤務時間開始前に職員の携帯電話は回収されるそうです。

 
ベトナムレポート
2012-01-23

高齢者ケアセンター見学レポート

ベトナムに日本の高齢者ケアセンターに近い施設がありました!

これは驚きです!!日本の福祉事業に携わっている人が見たらまだまだ…と指摘した点はたくさん見られると思いますが、1年弱リハビリ病院を観察してきた私の眼には、新鮮に映りました。

私が病院で見てきたのは「介護は家族がするもの」。他人、それも看護師による介護…どんなものなのか興味津々で見学へ。

 

 
2011-10-06

勤務時間は平日の午前7時半〜11時、午後1時半〜16時半。昼休みが2時間半で、ほとんどの人が自宅へ帰ります。来た当初はお昼寝なんてできない…と思っていましたが、今では病院で2時間近く寝てしまうこともあります。

 このような配属先で日本の病院同様、患者さんの訓練をしています。…といってもやはりベトナム語でのコミュニケーションは難しく、患者さんの状況把握もあいまいのまま想像力逞しく日々を過ごしています。日々、観察している中で、こちらでは介助や介護についての指導をあまり行っていないようなので、病室に入りこんで家族や本人に「こんな感じでやったら楽だよ」「こんなことしたらいいかも」という提案をしています。どこまで通じているかは…??ですが最近は、このような活動をしています。

苛立つことも悲しくなることもたくさんありますが「日本と開発途上国の人々をむすぶ架け橋として、互いの知識や経験を活かした協力をすすめ、平和で豊かな世界の実現」のために2年間踏ん張ります。

ではまた。何か聞きたいことなどありましたらお知らせください。私でわかることでしたらお答えします。

 
2011-10-06

病院全体で60名弱の職員が働いており、医師6名、看護師14名、理学療法士21名(うち言語療法担当4名)、レントゲン技師1名他。

 海外から寄付されたと思われる高価な器具も多数見受けられる以外は、日本の古い田舎の病院と変わらない雰囲気です。しかし、高価な器具でも、本来の機能が活かされていなかったり、倉庫などに放置されていたりと活用されていない物も多く、そこはとても残念です。保管方法が悪くて使えなくなっているものも多く、倉庫に山積みにされたバスチェアーやポータブルトイレを見ていると、日本に持って帰りたくなります。支援方法の難しさを感じます。

ここにいて一番日本と違うなぁと思うのは患者さんと病院職員との関係でしょうか。日本では過剰になりつつある患者サービス…しかし、ベトナムでは患者中心ではなく、職員中心に病院がまわっているように感じます。患者さんを叱り飛ばす職員も見受けられます。朝は出勤してから朝食の職員も多く、平気で患者さんを待たせます。仕事中に患者さんを支えながら携帯電話で話をすることもしばしば。そういえば…日本では病院に入るとき携帯電話の電源オフってませんでしたっけ?ベトナムではかなり高齢の患者さんも携帯電話を持っており、院内どこでも普通に使っています。

 
2011-10-06

私がこちらに来てから病床が満床ということはなく入院患者さんは約5060名。雨季や寒い時期は少ないらしいです。しかし、1つのベッドに2人くらいずつ…ベトナムでは患者さんの世話は家族のお仕事なので、介護者も同じベッドで寝泊まりしています。介護者のいない患者さんの世話は他の家族がやっています。自分の家族ほど丁寧でなかったりはしますが、シモの世話や食事お世話までもやっています。

病院食はなく病院の片隅にある食堂に自分で食べに行くか、家族が買いに行きます。そこで食事をとる職員もいてビールもおいてあります。患者さんも昼間から飲んでいたりも…。

   
<<エム・オーヒューマンサービス株式会社>> 〒464-0093 愛知県名古屋市千種区茶屋坂通2丁目14番 TEL:052-385-0515 FAX:052-712-1665